초록 close

中島久万吉男爵(1873~1960)は1910年代から30年代に大活躍した日本の財界人であった。第二次世界大戦中には平和主義者の中島は財界の表舞台から姿を消した。しかし次世代の経営者たちの精神的な指導者となり大乗仏典を講釈した。中島精神が戦後の財界人の精神的基盤となった。現在では中島は忘却されている。彼は1936年に足利尊氏の論考をもとに大臣を首にされたことだけで有名である。その時は右翼の代議士に攻撃されたのであった。中島男爵は博覧強記の人であった。多くの論文を書き、よく講演もした。さて本稿では企業者の思想を二つに区分する。事業活動と直接関連する思想と、事業活動とは直接関係の無い思想である。中島の著作物は後者の思想に分類できるだろう。彼は特に世界史の知識にたけていた。本稿では、中島の略歴と思想を簡単に紹介する。中島精神は帝人事件を契機に前期と後期に区分できる。前期は陽明学の基づく企業家であり、後期は精神的指導者となり、スピリチュアリティ(精神性)が深化したとみなす。1922年の春に中島は欧州を遊歴し、第一次世界大戦後の欧州人の精神的破壊に驚く。中島にとって忘れられない著書である『核心の問題』(1933年)はファシズムと第二次世界大戦を予言した。中島の精神的区分では同書は前期において書かれた。同書で彼は、歴史的視座から当時の世界的な諸問題について解明した。著名な歴史家のグッリエルモ・フェレロを引用し、当時の欧州の状況はローマ帝国の3世紀初頭に似ていると考えた。中島は歴史の出来事だけでなく、フランスの社会心理学者のグスタフ・ルボンを引用して民族の精神をも観察した。中島は日本人ではあったが、西洋で起きていることは日本にも影響していると考えた。なぜなら世界の諸問題は相互に連関しているからである。彼はコスモポリタンであった。同書は世界史、経済、労働、政治、教育を含めた社会問題について書かれており、本稿ではその思想の一部を紹介した。企業家は現在においていては、将来のために重大な責務を負っている。企業者の思想史が現在のグローバル経済の問題を照射するために書かれるべきであろう。日本は目下、巨大地震、津波、福島第一原子力発電所の事故を受けて、危機的な状況に直面している。晩年には普遍的な宗教心をもった中島の思想が、日本におけるMSR(経営・スピリチュリティ・宗教)研究に関連されて研究されるべきである。


Baron Kumakichi Nakajima (1873~1960) was a prominent business leader of Japan in the period between 1910’s and 1930’s. During WWII Nakajima, a pacifist, withdrew himself from the public sphere and became a spiritual leader for the next generations, lecturing Buddhist texts. His mentality became the foundation for the post-war business leaders. He has been forgotten by the present Japanese. He is just remembered as a minister who was forced to resign because of his article on Ashikaga Takauji in 1936. He was attacked by the right wing congressmen. Baron Nakajima was a man with extensive knowledge and a remarkable memory. He wrote many articles and books and was a good lecturer. In this article the author divides the thought of entrepreneur into two parts: the thought related to business activity, and the thought that is not directly related to business activity. His writings could be categorized in the second area of an entrepreneur’s thought. He had an excellent knowledge of world histories. This author made a brief sketch of the career and thought of Baron Nakajima. Traveling in Europe in the spring of 1922, Nakajima was shocked to see the mental destruction of the European people after WWI. His memorable book The Core Issue [1933] foresaw the outbreak of Fascism and WWII. In this book he clarified the present global issues from a historical perspective. Referring to the words of a famous historian, Guglielmo Ferrero, Nakajima thought the present condition of Europe was equivalent to the early third century of the Roman Empire. He was not only watching events of the history, but also the mentality of the people, quoting a French social-psychologist, Gustave Le Bon. Although he was Japanese, he perceived that what was happening in the West also affected Japan, since the world issues were interchangeably linked. He was a cosmopolitan. In this book he wrote on social issues including world history, economy, labor, politics and education. An entrepreneur has a heavy responsibility for the future in modern times. A history of entrepreneur’s thought should be written to forecast the preset issues of global economy. Japan is now facing the critical issues after the great earthquake, tsunami and the nuclear incident at Fukushima Daiichi nuclear power plant. The thought of Nakajima who had the universal religious mind in his later years should be studied thoroughly in the future with reference to MSR (Management, Spirituality and Religion) research in Japan.