초록 close

本稿は、地域歴史資料の保全と活用について、阪神ㆍ淡路大震災以来取り組んできた歴史資料ネットワーク (史料ネット)の活動を中心に紹介し、その意義について考察するものである。阪神ㆍ淡路歴史資料の保全活動は、地域歴史資料の散逸を一定防いだが、一方で、地域住民と歴史研究者のあいだに 「歴史資料とはなにか」ということをめぐって、認識の差があるという課題を明らかにした。そこで、史料ネットでは、地域歴史資料の活用を通じて、地域住民ㆍ自治体ㆍ大学が一体となって地域の歴史を描く活動を行うようになった。最近では、未指定の文化財も含めた地域歴史資料に価値を認めようとする考え方が、徐々に広まってきている。また、地域歴史資料は、災害の際の復旧に役立つものであったり、地域住民どうしがつながりあうためのツールとしても機能しうるものである。その点から、地域歴史資料に基づいた地域の歴史文化をもとにして、まちづくりを進めていくことの有効性についても見通した。