초록 close

本研究韓では、国人日本語学習者が日本語音節末鼻音をどのように生成し、どのように産出されているのかについて音響的特徴からその傾向と実態を検討した。その結果は以下のようにまとめられる。(1)持続時間の長短① 韓日両言語母語話者は共に各単語に対するモーラ間の持続時間は互いに調整しているものの、各モーラ間の長さは必ずしも等時間ではないことが明らかになった。② 日本語の音節末鼻音のうち、第2モーラ目の/ŋ/ と韓国語のバッチムʻ ʼ の場合は他の鼻音の組み合わせ( /n/とʻʼ, /m/ とʻ ʼ) よりも全体持続時間が相対的に長いことが確認できた。③ 韓国語話者は日本語話者とは異なり、2音節語の場合、語末に鼻音が含まれている第2音節目よりも、語中に鼻音が含まれている第1音節目の方が相対的に長く発音された。この結果は日本語を習う学習者において語末の鼻音より語中の鼻音を生成·産出するのに負担がかかり、それが持続時間に反映されたものと考えられる。(2)鼻音のフォルマント① 低帯域フォルマントの場合は韓日両言語母語話者共に類似した傾向が観察された。男性話者は約200Hz付近に、女性話者は約280Hz付近に低帯域フォルマントが現れた。この点から、低帯域フォルマント区間は男女差が反映されるものと言える。② 本実験の結果からは、アンチフォルマントと各鼻音の調音位置との相関性については十分に明かされていない。よって今後は先行または後行する母音のフォルマントの遷移区間に注目して更なる検討をしていきたいと思う。