초록 close

本稿では継続を表す日本語の[-続ける]文において[事件の反復]と[行為の反復]という二通りの意味が現れるという事実を示すと共に、このように現れる二通りの意味が[-続ける]文の構造とどのように係わっているのかを示した。このような結果を通してⅠ章で提起した(2a)のような[-続ける]文に対応する韓国語がなぜ(2b)と(2c)のような二通りの表現で現れるのかその理由を提示した。 (2) a. みんなが地下水を買い続けた。b. 모두가 지하수를 계속 샀다. c. 모두가 지하수를 사기를 계속했다. 本稿の手順を具体的にまとめると、[-続ける]文に二つの意味が現れ得るという可能性を[-続ける]文と対応する韓国語の表現を通して確認し、実際[-続ける]文において[事件の反復]と[行為の反復]の意味が現れるという事実を観察した。また、[-続ける]文に現れるこのような二通りの意味が[-続ける]文の構造と係わっていることを示すために、受動文現象、[何も]と否定語現象、[おVになる]と主語現象を通して[-続ける]文が単文構造を持っているということを示すと同時に、受動文現象、[おVになる]と主語現象を通して[-続ける]文が複文構造を持っているということを示した。このような結果をもって[-続ける]文の二通りの構造と二通りの意味が相互どのような関係を持っているのかを日本語母語話者の手助けを借り、[-続ける]文が複文構造の場合は[事件の反復]と[行為の反復]の意味が両方現れるが、[-続ける]文が単文構造の場合は[行為の反復]の意味だけが現れるという事実を示した。このような結果は、[-続ける]文(2a)に対応する韓国語がなぜ(2b)と(2c)の二通りに現れるのかという理由について、(2b)は[行為の反復]の意味を持っている単文構造であり、(2c)は[事件の反復]の意味を持っている複文構造であるため、(2a)が[行為の反復]の意味を持つ単文構造の場合は(2b)と対応しており、(2a)が[行為の反復]や[事件の反復]の意味を持っている複文構造の場合は(2c)と対応していると説明することができる。