초록 close

戦国時代の天皇は政治的権威を失われたばかりではなく、経済的にも非常に困難な 状態に落ちていた。しかし、織田信長によって天皇と朝廷の権威は政治的に利用され るようになった。その傾向がより強められたのが秀吉政権の時である。政治的権威の 周辺に押し出され忘れられていた天皇と朝廷はどのような要因によって、政治の前面 に再登場されたのか。本報告では、その過程を秀吉の取っ朝廷政策の分析を通じて、 天皇の宗教的権威・勅命の政治的有用性・天皇をめぐる神国思想・天皇の家職と武家 官位を中心に天皇権威の辺境からの生まれ変わりとその意味、そして近世的天皇権威 への転換を辿る。