초록 close

広い観点からみると、憲法の改正は日本社会で討論されるべきであると思われる。 憲法とは政治的な状態の基本的な組織の原理を構成しているし、政府のすべてのシス テムは政府の構成と構造を含んでいる。 今日の日本では市民の義務と権利、女性の福祉、宗教と国家との権利について討論 しつづけており、これらは大体日本の憲法9条すなわち廃棄された条項がいかに維 持、保存されるのかについて疑問を提示している。なお、主要政党、言論、政治、労 働、そして経済的協力、女性グループ、多くの社会的グループの人々が憲法改正のた めに形成された。 しかし、2006年中盤から今まで政府の活動が少なくなってきており、これは Koizumi Zunichiro, Abe Shinzô and Fukuda Yasuoが韓国と中国と仲よくするために努 力しているからである。また、同じ時期に市民団体グループの活動が目立ち、憲法を 保存しようとする傾向もみられる。 日本は現在こそ憲法の改正を公式化し、憲法の改正をするのが時期適切であると思う。