초록 close

本稿では、2007年改定教育課程による中学校日本語教科書(8種)の語彙について調べた。その主な結果は次の通りだ。(1)8種の教科書で使われた語彙数は平均355語(304〜412語)で、共通に使われた異なり語数は73語である。4種以上の教科書で共通に使われた延べ語数は66.2%である。(2)教科書で使われた動詞において、異なり語数は89語で、延べ語数は241語である。「行く、する、見る」(8種での共通の語彙)、「ねがう、むすぶ、もえる、にあう」(日本語能力試験の2級の語彙)等が見られる。(3)教科書で使われた形容詞において、異なり語数は38語で、延べ語数は97語である。「いい/よい、おいしい」(8種での共通の語彙)、「すごい、うれしい、よろしい、うまい、すばらしい」(3級の語彙)等が見られる。(4)教科書で使われた形容動詞において、異なり語数は15語で、延べ語数は42語である。「すてき(だ)」(2級の語彙)、「ざんねんだ」(3級の語彙)等が見られる。(5)教科書で使われた外来語において、異なり語数は130語(固有名詞の74語が含まれている)である。「サッカー、ジュース、プレゼント、ラーメン」(8種での共通の語彙)、ライス(1級の語彙)、「アイスクリーム、カード、クリスマス、ゲーム、ジュース、スキー、バイバイ、メール、メニュー」(2級の語彙)等が見られる。(6)教科書で使われた意思疎通の基本表現において、表現の異なり数は42個で、延べ数は205個である。「ありがとう(ございます)、いただきます、いってきます、いって(い)らっしゃい、おかえり(なさい)、おはよう(ございます)、おめでとう(ございます)、こんにちは、こんばんは、さよ(う)なら、じゃ(あ)ね、すみません、ただいま、はじめまして」(8種での共通の語彙)、「ありがとう、 いってきます、おかえり、おはよう、おめでとう、おやすみ、おげんきですか」(2級の表現)等が見られる。


This paper analyzes words used in Middle School Japanese textbooks (8 types) that reflects the 2007 revised National Curriculum. The main findings are as follows:(1) Average number of words used in 8 types of textbooks are 355 words(304-412) and 73 number of type words are commonly used. Commonly used number of tokens make up 66.2% in more than 4 types of textbooks. (2) For verbs, 89 total number of different word types and 241 total number of tokens are used. Verbs such as iku, suru, miru(common words in 8 textbooks) negau, musubu, moeru, niau(JLPT vocabulary, level 2) are observed. (3) For true adjectives, 38 total number of different word types and 97 total number of tokens are used. True adjectives such as ii/yoi, oishii(common words in 8 textbooks), sugoi, ureshii, yoroshii, umai, subarashii(JLPT vocabulary, level 3) are observed. (4) For adjectives-verbs, 15 total number of different word types and 42 total number of tokens are used. Adjective-verbs such as suteki(da)(JLPT vocabulary, level 3), zannenda(JLPT vocabulary, level 3) are observed. (5) For foreign loan-words, 130 total number of different word types including 74 proper nouns are used. Foreign loan-words such as sakkā, jūsu, purezento, rāmen(common words in 8 textbooks), raisu(JLPT vocabulary, level 1), aisukuriimu, kādo, kurisumasu, gēmu, jūsu, sukii, baibai, mēru, menyū(JLPT vocabulary, level 2) are observed. (6)For basic communication expressions, 42 total number of different expression types and 205 total number of tokens are used. Expressions such as arigatō(gozaimasu), itadakimasu, ittekimasu, itte(i)rasshai, okaeri(nasai), ohayō(gozaimasu), omedetō (gozaimasu), konnichiwa, konbanwa, sayo[ō]nara, ja[ā]ne, sumimasen, tadaima, hajimemashite(common words in 8 textbooks) arigatō, ittekimasu, okaeri, ohayō, omedetō, oyasumi, ogenkidesuka(JLPT expressions, level 2) are observed.