초록 close

川端は暗い文壇の局面を打ち破れるに際して、時代の要求を積極的に受け入れ、彼だけの文体的な変革を試みた作家の一人である。このような彼において、追い求めようとした新しい方向としての新文芸は何であり、その到達点はどこにあるのかを考察してみた。まず、新文芸の新しさとは認識の対象を二分しなく、對象と人間との本質を同一化して考えること。すなわち、自由な精神をもって認識の多樣性を提案した事として理解できる。言い換えれば、新感覺波を隱喩、比喩、擬人法などのような表現技法の改革にその根底を置けるとしたら、川端の場合、新文藝における新しさの方法は高い精神主義に基づいた<認識の改革>と<精神の革新主義>とを志向した事に置けるだろう。次は、彼が追い求めた方法としての新しさの到達点についてである。それは自分の現実を救うことにある。川端は孤児に始まった死の問題を認識しなければならなった。加えて、大震災の死の体験から死の超越、霊魂不滅の人間救済のための文学という‘宗教時代から文芸時代へ’のように、窮極的な課題を抱いて文藝に没入しただろう。簡単にいえば、川端における新文芸の到達点は人間救済の文学への試みにあったといえるだろう。つまり、この新しさの志向は、絶えずに現實の危機意識に囲まれていた彼にとっては、自身に取り戻すという自己回復につながるものであり、精神的な救濟の試みとして形作られたものであると理解できる。


A study has been considered the direction of 'new literature' and the view point of that literature which Kawabata had pursued. A novelty of the 'new literature' suggests diversity of recognition and aims at <renovation of recognition> and <Progressivism of mind> which are due to a high level of idealism. Kawabata had to recognize the subject of death which is caused by the orphan being. That recognition made Kawabata to be absorbed in his literature works about human relief based on transcendence of death and immortality of soul. In short, the destination of the new literature for Kawabata is a trial of making new literature form about human relief. In conclusion, the intention of creating new literature lead Kawabata who is surrounded by awareness of today's crisis to be in the condition of self-restoration and mentality deliverance.