초록 close

国旗というのはその国を象徴する標識であり、国家間の交流の歴史によってそれを見つめる感情や情調が異なったりする。日の丸に対する韓国人の感情は複雑だった両国間の歴史によるもので、日の丸は日帝強占期以降、反日感情をあらわす象徴として使われてきた。さて、近年韓国では日本の自衛隊の象徴である旭日旗が「旭日昇天旗」という名で普及して、一部の芸能人がこれがはいった服を着てテレビに出演したことが火種になり、ネットを中心に一種の賛否論争を巻き起こしたことがある。「旭日昇天旗論争」といわれたこのネット上の議論には、日の丸が国旗の形ではなくファッションという媒体の形を帯びていることによって、従来の日の丸に対するイメージやその象徴性が芸術性および日常性、社会性などがからまった複雑な様相がうかがわれる。ところで、「旭日昇天旗論争」に参加したと推測される今日の若者たちにとって日の丸とはどういったものであろう。軍国主義の象徴として受け止められていた日の丸は、文化開放や活発な交流のなかで果たしてこれまでのイメージを抜き捨てているのだろうか。「旭日昇天旗論争」の賛成の意見はどれぐらい有効なものであろうか。本稿はこうした問題意識のもとに、日の丸が国旗そのものとしてではなく、ファッションやゲームの形で普及されていることに着目した。国旗のもつ社会性や歴史性と、ファッションやゲームのもつ芸術性や娯楽性のあいだにあらわれるこれらの異色の形は、日の丸の普及という面から興味深い事象であろう。本稿では同じく日の丸のことで日本で細やかな話題になった川久保玲の2007年パリコレクションを手がかりにして、いわゆる日の丸ファッションにたいする世論の性格に迫るとともに、韓国の大学生を対象にしてこれに対する感情についてアンケートをおこなった。アンケートの分析によると、川久保の日の丸ファッションに対する感情は日の丸にかかわる歴史的․社会的情報を与えるに連れて、拒否感をおぼえる割合が明らかに増えた。


A national flag is a mark symbolizing a country, and the feelings about the flag are influenced by the historical interchange between the specific nations. Korean feelings for that flag are mainly caused by the complicated history between the two countries, the Japanese flag has been used as a symbol to express anti-Japanese sentiment in Korea since the Japanese colonial period in the early 20th century. By the way, in late years the Naval Ensign of Japan which is the symbol of the Japanese Self-Defense Force spreads in the name of "the Rising Sun Flag" in Korea. Some Korean entertainers wore the clothes which the flag was painted, and appeared on television. It has caused many arguments for or against mainly on a web-net, which said "the debate of the Rising Sun Flag". This debate shows the complicated aspect that previous image or symbolizing the Japanese flag is entangled in everyday life and sociality by assuming a fashion, not a national flag. what is the Japanese flag for today's youths supposed that participated in "the debate of the Rising Sun Flag"? Did the Japanese flag having been the symbol of militarism wipe out previous image? How effective will the agreeable opinion be?This report pays its attention to the Japanese flag having been spread in a fashion and the form of the game not as national flag itself with such a critical perspective. This unique phenomenon showing the sociality and the historicity of a national flag as well as the entertainment is the interesting aspect from the point of view of Japanese flag spreading. In this report, focusing on Rei Kawakubo's 2007 S/S collection, which consisted of the rising sun of the Japanese flag, I researched on the feeling of Korean university students about the Japanese flag. According to the analysis of the questionnaire, in proportion to giving historic and social information about Japanese flag, the ratios to having a feeling of refusal to Japanese clearly increased.