초록 close

この論文は呂圭亨の「録学校編纂教科書塩谷世弘氏所撰中江藤樹一段」に関するものである。呂圭亨は経学院の講師で約3週間の日本旅行から帰って、1914年に『経学院雑誌』 3号に 「録学校編纂教科書塩谷世弘氏所撰中江藤樹一段」を投稿した。この投稿文は呂圭亨が1914年4月18日東京帝国大学文科大学を訪問した際、塩谷世弘が書いた<中江藤樹伝>を読んだ後、それを紹介するために書いたものだ. 「録学校編纂教科書塩谷世弘氏所撰中江藤樹一段」は序文と塩谷世弘が書いた<中江藤樹伝>の二元的構造である。呂圭亨は中江藤樹の知行合一、即ち実践志向的学問方法について賛辞を送くる一方、同時にこの観点から当時朝鮮の学者の衒學的學文(空理空談)態度を批判した。当時、呂圭亨は殖民地下の朝鮮を近代化として認識したが、彼は朝鮮では未だそんな事情に似合う知的システムは完成してなかったと批判した。それから彼は朝鮮の知識人たちに向けて有用な学問をするべきことを要求した。彼は朝鮮の学者の弊端を有用な学問に改めるために日本陽明学の始祖、孝行の典範に認めされた中江藤樹のことを学ぶべきだと主張した。彼は中江藤樹を知行合一の実践人で想定しますが、そんな解釈は当時の朝鮮の要求に応じて中江藤樹の姿を変形した点がある。このような変形は日本の近代の陽明学者、三島中洲にも同じに起きた。そのような呂圭亨と三島中洲は近代が要求する徳目の一つで知行合一という言説を主張しながら自分にそれを実践することに専念した。


In this article「学校編纂教科書塩谷世弘氏所撰中江藤樹一段録」written by Yo Kyuhyung (呂圭亨) is discussed. Yo Kyuhyung presented this article to 『Kyonghakwonn(經學院) magazine』Vol. 3 in 1914 after he finished Nippon Travel for three weeks. His article was inspired from Nakae Toziu's(中江藤樹) Biography which he read at department of humanities University in Tokyo Imperial University on April 18, 1914 . It was consisted of Introduction and Biography written by Sionoya Seiko(塩谷世弘). Yo Kyuhyung expressed a praise for a unification of the mind and the deed(practice-oriented study method of Toju Nakae) and criticized Korean scholars at those days. Yo Kyuhyung thought the colonist Korea as modernization, but evaluated the intellectual system as uncompleted system. Yo Kyuhyung thought Toju Nakae's thought as a figure at those time of Korea. Such a distorted thought agreed with modernized doctrines of Wang Yang-ming and Mishima(三島中洲). Yo Kyuhyung and Mishima pursuited of the enhanced demand at those times in the thinking that unification of the mind and the deed was an item of virtues that modern times required.