초록 close

連体修飾節と「は」の研究は従来、名詞の主題化に関する研究が主流であった。一般に連体修飾節の構文において提題(主題)の「は」は連体修飾節に入れない反面、対比の「は」は連体修飾節に入れられるというものが挙げられる。これはさておき、主名詞に付く「は」は連体修飾節の「制限用法」・「非制限用法」を見分ける要因の一つであり、見分けの幾つかの優先順位の一つの要因であると主張したい。まず、主名詞が具体的な代名詞や固有名詞の場合、「非制限用法」の絶対的な要因になる。次に、主節の述語が形容詞の場合、「は」以外でも「制限用法」になる傾向があるので、単純に「は」が付いたとしても大きな要因には言いにくい。「は」が大きく影響する条件は、主節述語が動詞の場合、「は」が付いて「制限用法」と解釈される重要な要因になる。つまり、「は」は動詞の主節述語においては「制限用法」・「非制限用法」の弁別になるが、形容詞の主節述語においてはその機能はない。最後に連体修飾節と「は」を「制限用法」・「非制限用法」の弁別に取り入れるのは、「は」の限定的な性格を究明するとともに動詞述語、形容詞述語が一括ではない結果から述語の性格も探ることができたという成果が言える。