초록 close

本硏究では、日常會話で心理的負担の度合いの觀点から日本人の日本語の言語生活がどのように行われているのかについて觀察する。特に、相手の發話を「否定」する發話に焦点を当て、日本語母語話者(以下JS)と韓國人日本語學習者(以下KL)を對象に、相手の發話を「否定」する場面を設定し、談話完成テストと使って調査した。 分析方法は肯定応答を期待する相手の發話を否定する發話に對して初發話の意味公式を中心に考察した。 その結果、JSは親疎關係によって「結論」「詫び」という「否定」の意味公式が違い、心理的負担の度合いに差があったが、KLは親疎關係によらず、「詫び」が先行し、心理的負担の差は見られなかった。  この硏究は母語話者と學習者の「否定」の發話が、場面と上下親疎の關係による心理的負担の相違を明らかにしていると思われる。