초록 close

주 제 어芭蕉, 杜甫, 莊子, 自然, 自得, 自適.Tu-Bo, Basho, Chuang Tzu, an outlook on nature a view of nature, live in comfort, live free from worldly cares


芭蕉の「荘子」受用における杜甫の影響 朴 馥 遠 芭蕉の荘子の受用における杜甫の役割を實證の方法で考察し、同じ表現技法によって書かれた作品を比較してそれぞれの特徴を檢討してみた。その受用は「自然觀」、「自得․自適」という二つの面に大きく分けられる。 芭蕉には19才の時に俳諧に入り、貞門から談林を終えて俳諧の世界において、ある程度の位置を築いたが、貞門談林の言語の遊戯に限界を感じ、俳諧の新しい方向を模索するための深川の芭蕉庵での隠遁生活をすることになった。その後、芭蕉庵の荘子と禅の合体に考えを巡らすこととなった。兩者のこの方面の作品を比較してみると、二人とも荘子の主張した「自得․自適」の世界にあこがれていて、「自得」を生き物の世界の理として追求した。杜甫の「自得․自適」の情趣を描寫した詩をまとめてみると、生き物の世界の道理だと思った。それに對して、芭蕉が、人生の理を探索する立場に立って、「自得」を求めたのは杜甫と一致するが、自分の俳句を最高の境地に高めるために、自ら「自得」の境地に入ろうと努力した。芭蕉も杜甫も荘子の「自得․自適」の境地に達しようとして、自分なりに努力した。「自得․自適」の狀態になれない時の苦悩、その狀態になった時の喜びの気持ちが表された。