초록 close

本論文は、韓国と日本、両国の女性によって創作された古典物語の比較研究の可能性を探ろうとしたものである。そのため、韓国の古典女性小説作品『玩月会盟宴(ワンウォルフェメンヨン)』を紹介し、『源氏物語』との比較研究の可能性を探ってみた。 両国の古典女性小説という存在を歴史的な立場から一対一で比較するのは不可能であろう。それで、本論文では両国の女性たちが自らの心情を逆らうことなく自然な形で表現できる自国だけの固有な表記手段を書きこなすことができた時点をその基準点にした。 まず、韓国の古典作品の中ではこの頃、活発な研究成果を基に、女性によって創作された長編小説として判明された『ワンウォルフェメンヨン』を女性的な文章書きの一つの見本として選ぶことができた。これに比肩できる日本の古典散文作品としては、同じように女性によって創作された『源氏物語』をあげることができる。 両作品とも共通的に女性によって創作された長編の作品であるかぎり、様々な生活相と儀礼を書き記すことにおいて細密で精緻極めた特徴を持っており、その描写の裏側には内面的な意味を婉曲に表現しようとする意識が潜んでいること、また、女性人物の苦痛と内面を理解できる記述であることがわかってきた。 つまり両作品には共通的に女性特有の文章書きの特徴が含めてあり、比較研究の可能性があることを究めることができた。今度の研究を初めの一歩として、もっと本格的な比較研究は次の機会を期したい。