초록 close

本稿は歴史言語学の観点から日本語の可能表現が形態・統語・意味的に変化しつつあることについて考察を行ったものである。周知のように、言語は不断に変化しつつある動的で複雑なシステムである。今日の言語変化の代表的なテーマとして日本語の可能表現が上げられる。そこで、本稿では、日本語の可能表現を取り上げて、具体的に、形態・統語・意味的な変化の在り方を調べてみた。その結果として、形態的には可能の助動詞「レル・ラレル」から「可能動詞」へ変化していることが明らかになった。ただし、「レル・ラレル」から「可能動詞」への推移過程で、両者はニュアンスの違いによって区別されたと推定される。なお、今日の「ら抜き言葉」は五段活用動詞の「-eru可能動詞」への推移・変化に引き続く一連の変化であることが分かった。また、統語的には目的語マーカーとしての「ヲ」格が増えつつあることが明らかになった。これは、構文的に<受身>と区別しようとする話し手(書き手)の心理的な面が作用したのではないかと考えられる。意味的には「可能+否定表現」から「可能+肯定表現」へ推移していることが明らかになった。これは、不可能の意味から可能の意味へ推移・変化していることを意味する。