초록 close

母音の無声化とは、有声音の母音がその現れる環境によって声帯の振動が起こらない現状をいう。これは東京語の特徴の一つで、日本語学習者にとってこの無声化の習得は正確な日本語を発音するための重要なポイントとなる。そこで、韓国人日本語学習者において、この無声化の様相がどのように現れるかについて実験を通し調査してみた。その結果、韓国人日本語学習者の無声化の生起率は、予想通り日本人に比べ相当低い割合として現れた。そして初級学習者のグループが上級学習者のグループよりも無声化発生率の極めて低いことがわかった。また観察対象である狭母音の前後の子音別無声化の生起率において、韓国人と日本人では大きな違いが見られた。学習者の無声化に対する正確な理解と習得のためにはまず、日本語教育者が、母音の無声化についての教育の必要性を認識し、学習者の実態と問題点を把握して、效果的な教育を行うことが望まれる。