초록 close

本稿では上代日本語における複合語に現れる諸音韻現象のうち、連濁に焦点を合わせ、アクセントとの相関性を検討してみた。その結果、以下のような結論を得た。 第一、連濁の行われる複合語の場合、先行成分の末尾音節および後項成分の語頭音節のアクセントの高さが等しい場合に連濁が起こりやすく、複合語全体のアクセントに高低の配列が変化しない場合に連濁し やすい。 第二、連濁形のほとんどはアクセントの面においてもひとまとまりであるということが標示され、複合によって高い音節が二カ所に別れることは避けられる傾向にある。 第三、母音脱落や母音融合、音節脱落などの諸現象とアクセントの間に見られる相関関係が連濁現象にも同じく適用される。 本研究によって、上代日本語ではアクセントが複合標示の面において重要な機能を果たしていたことが明らかになったと思われる