초록 close

人間の感情は複雑であり、主観的であり、表現しにくい点がある。このような理由のために、比喩表現を用いて、抽象的な感情を具体的に表現したりする。本稿では、その中で、概念を形成する時の基盤になる換喩と隠喩表現を中心に、感情表現の中で、特に「哀」という感情表現に焦点をおいて、どのように構造化されるかを考察する。 日常言語の概念体系の相当な部分が外部世界の客觀的な反映で構築されるのではなく、我々の身體性や經驗、認知に基づいて形成されるという認知言語學的な觀點を取り入れて、「哀」という感情がどのように構造化されるかを考察してみたい。 このような研究は、言語に反映された人間の「認知」に対する考察を深めると共に、日本文化の上に形成された独特な「哀」という感情表現の様式に対する理解を深くし、日本語学習者の感情表現の理解にも役に立つと思われる。