초록 close

The Tale of the Bamboo Cutter, which has been evaluated as “the father of narratives,” is the oldest extant narrative work. This work, where Kaguyahime, the female protagonist of the narrative, was found inside a bamboo, has had a huge impact on the classical Japanese literature, the contemporary Japanese culture, and so on. In 2013, the Studio Ghibli created the animation film the Story of Kaguyahime based on the Tale of the Bamboo Cutter. The director is Isao Takahata, and whilst he carefully depicted the original, he also introduced his intentions thoroughly. Still, the animation film differs from the original in quite a few respects. The director attempts to carefully embody his intentions or his reinterpretations of the original through the acceptance and transformation of the original, by introducing the fictious character Sutemaru, describing the relation of Kaguyahime to the emperour, and so on. This attempt, however, seems to have spoiled the beauty and value of the original. Furthermore, the present article considers the ideality of Kaguyahime. In both the original and the animation film, she exists not only as an ideal person but also the one who possesses complex emotions. This point reveals the new aspect of Kaguyahime in terms of ideality and human’s inherent ego and limitation.


「物語の出で来はじめの親」と評価されている『竹取物語』は現存する最も 古い物語作品である。竹の中から見つけられたかぐや姫という女性を主人公とするこの物語は日本古典文学をはじめ、現代の様々な日本文化に大きな影響を与えながら、今日まで至った。この『竹取物語』を原作として、2013年、アニメとして有名なスタジオジブリが制作したのが『かぐや姫の物語』である。監督は高畑勲で、原作を忠実に再現しながらも、監督の意図を満遍なく披露している。ただし、映画は原作と相異する部分も少なくない。これは原作の受容と変容の過程を通し、監督の狙いや原作の再解釈をアニメの中で緻密に具現するためである。たとえば、架空の人物「捨丸」を登場させたり、また天皇との関係性も原作とは違って描写しているが、これによってむしろ原作の美しさや価値が損なわれたかのようにもみえる。 また本稿ではかぐや姫の理想性についても考え直してみた。原作でも映 画でも彼女は単なる理想の人物として存在するのではなく、複雑な感情の持ち主として描かれている。これによって理想性とともに人間本来のエゴや限界が共存する新たなかぐや姫像を見出すことができたと思われる。