초록 close

「繁忙」を表す形容詞述語文の文型と用法 本稿は「繁忙」を表す形容詞述語文について文型論の觀点から文の構造と語の意味との關係を分析考察したものである。 硏究の目的は、「繁忙」を表す形容詞述語と文型の把握、各文型と名詞句や形容詞述語の意味特徵․助詞の役割などとの關係の分析、「繁忙」の形容詞述語文の主要文型と用法及び文構造の特徵の把握、などである。 分析の結果、「繁忙」を表す形容詞述語文の主要な文型と用法として「N2は․が+N1で+形」文型は「繁忙」判斷の原因、「N2は․が+N1に+形」文型は「繁忙」判斷の單純對象、「N2は(が)+N1が+形」文型は「繁忙」判斷の總括的用法、「N1は․が+形」文型は「繁忙」判斷の總括的用法などがあることが分かった。 また、「繁忙」を表す形容詞述語文のその他の主な特徵としては、根據や原因を表す助詞「で」と「に」の用法が多いこと、助詞「で」と「に」と「が」の交替の可能性と接点、2項目表現が壓倒的に多く見られること、3項目表現のN2項目とN3項目の順序の交替、などがあることが分かった。