초록 close

本稿は2000年度冬季の日本語副專攻資格硏修を受けたソウル·忠南·釜山地域の中·高等學校の敎師を對象にして、 日本語の學習傾向及び學習欲求について硏修地域別, 科目別, 性別に分けて調査·分析してみた。 調査·分析から得た結果を今後の硏修プログラムと敎授法の改善のための基礎資料として活用できれば、硏修生の學習欲求と現敎育實態との隔差を減らすことのできる効率的な硏修が行なわれると思う。 また、2001年から行なわれる中學校での裁量選擇科目としての日本語敎育と2002年から施行される第7次敎育課程による高等學校での日本語敎育に適合した敎員養成硏修のために必要な資料になると思われる。