초록 close

本研究は、日本の韓国語学習者の急増は韓国大衆文化の受容と深く関係をもっていることを考慮し、韓国大衆文化を応用した日本現地の韓国語学習者のための韓国語教育の活性化方案を模索したものである。 本調査によると日本現地で出版された韓国語教材は185種に至った。しかし、このように韓国語教材がたくさんあるのにもかかわらず日本では韓国の大学で出版された教材を使っていた。ところが、国内の外国人と日本の韓国語学習者の韓国語学習環境と学習条件は総学習時間と文化習得が難しいという面で大きく異なっており、このような状況で同じ教材の使用は大きな問題点を生み、これは日本現地の韓国語教師と韓国語学習者の不満につながっていた。それで、本研究は以上の点を考え、言語の4機能と文化学習が互いに有機的に行われるような<1册の統合教材>と<e-bookホームページ>による両方向的学習を提案した。すなわち、これは韓国のドラマや映画などの多様な韓国大衆文化を通じて内容を抜き出した素材で教科書を構成し、e-bookホームページとの連携によって様々な場面を学習する方法である。言語の4機能と文化学習は外国語学習の目標である異文化間のコミュニケーションにおいて離して考えることができないからである。


키워드close

Korean Pop-Culture, Korean Education in Japan, Teaching materials of the Korean language, Suggestions for Korean Education