초록 close

<嘔吐>と<分身>―『千と千尋の神隱し』を讀む 本稿は、宮崎駿監督の代表作『千と千尋の神隱し』を一個のテクストとして「讀む」試みを通じて、その謎と魅力の一端を解明しようとしたものである。なかでもとくに<嘔吐>と<分身>という、この作品を決定する/支配する二つの主題に焦點をおいてテクスト分析を行い、新たな解釋を加えた。 『千と千尋の神隱し』は決した見た目ほど單純ではない。そこでは、二重のプロセスによって物語が錯綜しつつも、いかなる破綻もせず見事に組織化されている。表面上は凡庸で使い古された「日常性の喪失と回復」ないし「自己の疎外とその克服」の說話論的構造があくまでも維持されながら、その實、そのプロットが主題論的に巧妙にずらされ、轉倒されていたのである。かくして『千と千尋の神隱し』には分裂し、決定不能となった<二重の自己>の物語あるいは自己に關する不安を主題化した<二重の物語>があった。そのため、この物語ではいかなるものも明確な自己、つまりアイデンティティを持つことができず、つねに宙吊りになり、決定不可能となる。そしてその擧げ句に物語は解決不可能な<謎>のまま殘されている。だがしかし、こうした解決不可能な<謎>こそがこの作品のすぐれて<現代的>な本質をなすものであり、これは注目に値する。 いずれにせよ、『千と千尋の神隱し』の主題論的系列の中忄に橫たわっているのはアイデンティティの問題といってよい。だが、注意すべきはその問題さえも「自己探し」といったたぐいのものとはまったく無緣であるということだ。むしろそこには家族的なきずなとアイデンティティに關する現代人の深い不安とが見事に形象化されており、これこそ傑作と呼ばれる所以ではなかったのか。