초록 close

本稿では、1991年に改正された日本の外語表記(外國語のうつし方內閣告示 第2內閣訓令 第1)規則中、外語表記(外國語のうつし方)の規則に沿い、韓語習材冬のソナタでぶ韓語に現れた、語末子音における韓國語假名表記の變化樣相を中心に考察した。 1991年の改定により、それ以前の韓國語假名表記に比べ、語末子音の音素間の區分が不明確であった部分が多く解決された。しかし、改正後14~5年が過ぎた現在も,慣用表記と原音を主とする表記が二重に表記されているのがで、未だに規則成果や規範性が定まっていないのが現である。これにより、表記の混同だけでなく、語形の混同をも招いている場合を、冬のソナタでぶ韓語だけでなく、日本で行されている多數の韓國語學習敎材で見することができた。 そのような慣用表記と原音中心の表記が混用された表記は混亂を招くため、原音を中心とした表記が代替方案としてに示されている現在、原音を主とする表記を中心に統一性を持たせることが何よりも急がれる。また、改正後も、わらず改善されていない部分は、音の位置と調音圖を土臺に、本稿で提案を試みた。