초록 close

『日韓善隣通語』는 明治13年(1880)에 宝迫繁勝에 의해서 작성된、当時의 생생한 会話体를 볼 수 있는韓国語学習書이다. 本稿에서는『日韓善隣通語』의 内容을 検討함과 동시에 本書에 보이는 日本語를 중심으로 한 言語에 관해 言及했다. 먼저(1)母音・子音에 관해서 서술하고, 이어서(2)方言에 관해서(3)「日用人事語」와「商語問答」의 文末表現에 관해서(4)敬語에 관해서(5)命令語에 관해서(6)各物之名詞에 관해서 서술했다. 그리고 作者、宝迫繁勝가 깊이 관계된『交隣須知』와의 関係에 관해서도 調査했다. 그 결과『日韓善隣通語』에 使用된 日本語의 性格의一部를 분명하게 함과 동시에、『日韓善隣通語』의「各物之名詞」에 記入되어 있는 語彙와『交隣須知』와의 関係를 명확하게 할 수 있었다고 생각한다.


『日韓善隣通語』の硏究 『日韓善隣通語』は、明治13年(1880)に宝迫繁勝によって作成された、當時のいきいきとした会話体がみられる韓国語学習書である。本稿では、『日韓善隣通語』の内容を検討するとともに、本書にみられる日本語を中心とする言語について言及した。まず、(1)母音・子音について述べ、つづいて(2)方言について(3)「日用人事語」と「商語問答」の文末表現について(4)敬語について(5)命令語について(6)各物之名詞について述べた。そして、作者、宝迫繁勝が深くかかわった『交隣須知』との関係についても調査した。その結果、『日韓善隣通語』に使用されている日本語の性格の一部を明らかするとともに、『日韓善隣通語』の「各物之名詞」に書かれている語彙と『交隣須知』との関係を明らかにすることができたと思われる。