초록 close

拙論は川端康成の晩年の代表作『眠れる美女』(以下川端と称する)を對象にしてその作品世界においていかなる言語の表現形式的特性をもって自分の表現しようとする主な內容を伝えようとしたのかその兩方の係わり方を明らかにして見たのである。 小說における文体とは作者が作品お通じて自分の考え方を表現して行く過程において, テキストの文章で表われた表現形式的特性を示し,それは自分が表わそうとする表現內容, あるいは, 讀者が探し出そうとする內容と有機的な係わりを持つことになる。 川端は小說家としての晩年を迎えて『雪國』『山の音』『千羽鶴』『古都』などに代表されるような、いわゆる日本の伝統美を色濃く織り込んだ作品を發表して行くことで自分の代表作時代を開いて行くとになる。しかし, 他方で,『水晶幻想』『眠れる美女』『禽獸』等で試みられる前衛的, 實驗的な作品を書いて行くことでこの兩系列を巧みに綜合集成して超近代的な特異な表現意識を見せている。 『眠れる美女』は睡眠藥によって眠りこまされた全裸の若い娘を老人たちに提供する秘密の宿を舞台とし,そこを訪れた主人公の五夜の経驗を素材として人間の意識の流れを實驗した實驗小說である。 文芸への文体論的アプロ―チを目ざす際の表現分析の方法は對象とする作家や作品によって一定ではないという旨を念頭におき,實際に当の作品の文章を熟讀玩味という深い言語体驗を通して主体的につかみみ取る方法から考え,拙論の文体分析の方法としては比較的複雜ではない一群の色彩イメ―ジに注目して, それの對比を中心に行ってのである。 作品にて注目した主な色彩イメ―ジは川端の心理的世界を左右し,昔から儀式などで死われる紅․白を核として黑․紫といったそれらから応用されて出て來る色である。こういった一連の色彩群のいちじるしいイメ―ジは第一白は死を表すと同時に,擬似天國という二番目の意味を持たされている。第二に紅は生命力を代表し,第三に紫は紅の汚れであり,生命力の熟れすぎ,實りすぎを象徵する。最後に黑は生命力の過剩を示唆するように思える。このような色は實際の作品世界においてはその意味が重なり合っているが,一番明確で間偉いのないレベルに限ってみると、作品の前半部における紅から後半部に流れるにしたがって,死のイメ―ジを表す白、黑を强調する方法を取り,いわば生命から死への動きを示すことで川端は作品の思想性の核心である自分の「死生觀」を象徵的に呼び覺まして行ったわけである。