초록 close

本論文は、吾輩は猫である(以下猫と略称する)の珍野家の家族構成員間の關係を分析しその特徵を抽出して、他の作品で形象化された家族關係の特徵とも結び付けて考察することによって漱石文學の家族關係の原型を明らかにすることを目的とする。 猫が連載された時期の「ホトトギス」の文章は、家族や親族を扱う時に親和的な關係を語るのが通例だった。ところが、珍野家の家族關係はこうした傾向とは異なり夫婦・親子・兄弟關係が悉く親和的ではなくむしろ冷やかである。話者の<吾輩>も同樣に薄情な珍野家の家族から愛されていない。これは漱石自身の原体驗や当時の普遍的な考え方、価値觀とが共に作品の中に投影されたからだと思われる。漱石は幼年期の養母との關係によって形成された女性嫌惡、女性不信や当時の家制度のイデオロギーによって普遍化された女性蔑視觀を堅持していた。また、冷酷な養父・生父から暖かい父性が感じられなかった原体驗によって父性の欠乏や父親に對する否定的な觀念をも持つに至った。これらが珍野家の夫婦・親子關係に投影されてくしゃみをして妻を無視し蔑視する夫として造形し、子供に對しては情愛の溢れる父性が表現できなかったように思える。兄弟關係も同樣に否定的に描かれている。それは兄弟の間で競爭心理・多欲という人間の本性が作用したと共に家族の考え方や行動樣式を支配する家制度のイデオロギーの影響や、かつて兄達との不快な体驗によって作られた漱石の兄達に對する否定的な觀念が働いたからではなかろうか。漱石の小說世界に造形された家族關係のほとんどが暗くて重いトーンを帶びているのは、上記のような理由によるものである。こうした漱石文學の家族關係の特徵は猫から明らかになるため、猫には漱石の文學作品の中でほとんど変化せずに一貫して展開された家族關係の特徵の原型が內在しているとも言えよう。