초록 close

日本近代化は植民地の開拓と同時に行われた。特に鐵道の發達はこのような近代化を促進させた。そして日本國民が旅行や移住の形で鐵道を利用しながら日本の近代化は加速化された。日本帝國の鐵道建設の主体は利用者を絶えず意識し、移動することに違和感を持っていた日本人の意識構造を変えようとした。そして旅行案內書や雜誌の出版を活發に展開することによって、旅行に對する啓蒙活動を行ってきた。實際に讀者たちを動かせるためにはその地域に對する知識と情報が提供されなければならなかった。日本近代に數多く出版される旅行關連のメディアは、帝國主義の欲望と結び付いて、その目的性を仄めかしてきた。ゆえに新しい植民地に對する恣意的な注釋と說明が附けられてきた。そしてこのような言說を知識人が自ずから形成したり、踏襲しながらその地域の文化を再生産して行った。特に首都であった京城は一番日本化されたモデルとして內地人に一番親しみをおびて、接近しやすい形で表象されたのである。