초록 close

 聞き手に對する話し手の直接な敬意表現である聞き手敬語は、話し手と聞き手との關係だけを考えればよい。しかし、話の素材である第三者への待遇表現は話し手が自分と第三者の關係だけでなく、聞き手と第三者の關係、さらに話し手と聞き手との關係まで考えなければならない。そのため、待遇表現に關与する人物關係が複雜である。それだけでなく、ウチ․ソト關係や性別․上下․親疎關係、場の改まりなど考慮すべき要因が複雜である。  小論ではこのように複雜な要因が絡み合っている現代日本語の第三者に對する待遇表現が實際の言語生活の中でどのように使われており、どういう要因が働いているか、また待遇表現に關与している重要さの度合いはどうなっているかなどをテレビドラマ台本やシナリオを145編を資料にして分析․解明してみた。  考察した結果をまとめると以下のようである。  父․母が息子․娘を家族內部の人物に言及する場合は息子․娘の年齡とは關係なく主として固有名「名前」が用いられている。  しかし、家族外部の人物に言及する場合は聞き手や第三者との親疎關係により違ってくる。すなわち初對面關係か職場關係など改まって言う場合では「息子」「娘」など親族名が使われているが、親しい關係では家族內部での呼称である固有名「名前」の方が使われている。親しい關係では家族內部での呼称が使われているといえよう。  また、聞き手側の息子․娘のことを話題にする場合は聞き手との親疎關係による違いが見られる。すなわち、初對面關係か職場關係など改まって言う場合には、主として息子には「息子さん」「お子さん」、娘には「お孃さん」「娘さん」など敬称の親族名が使われている。しかし、親しい關係でくだけて言う場合は「名前+さん」「名前+君」「愛称+ちゃん」など固有名が使われているが、息子․娘を家族內部の人物に言及する場合や親しい關係の家族外部の人物に言及する場合とは違って名前に敬称の呼称接尾語をつけて呼称している。 小論での結果は小論の資料となった145編のテレビドラマの台本やシナリオの中からの結果であり、それが現代日本語の息子․娘に對する他称詞の全体的な樣相を表わしているとは言えない。一つの資料として參考されることを願う次第である。